アトピー性皮膚炎は年齢によって現れる場所や症状が違う

アトピー性皮膚炎は、年齢によって皮疹が現れる場所や症状が違います。

おもな特徴を説明しましょう。

【2歳未満】
口のまわりやほおに紅斑や丘疹が出てきます。皮疹はジクジクしているのが特徴です。やがて屈曲部といわれる首やひざの裏側、ひじの裏側、手首、足首などに皮疹が現れてきます。

【2~12歳」
屈曲部だけでなく、体全体に皮疹が増えてきます。また皮膚が乾燥(いわゆるアトピー性ドライスキン)してきて、鱗屈が広がっていきます。屈曲部などよくかく部分は、皮膚がゴワゴワと硬くなる苔癖化がみられ、色素沈着もできてきます。また、耳切れ(耳の周囲の皮膚が切れる状態)もよくみられる症状です。顔には、皮膚の一部だけが白くなり、カサカサした症状になる単純性枇糠疹(はたけともいう)が出ることもあります。

【思春期以降】
上半身(顔、首、胸、背中、ひじの裏側)にとくに強く症状が出ます。また「アトピー性の赤ら顔」といって独特の赤みを帯びた顔になったり、まゆ毛が抜け落ちたり、口のまわりに色素沈着がおこったりします。

皮疹は、体のなかで出やすい場所があります。たとえば、耳や口などのまわりや、首や関節の裏側のように皮膚がやわらかく、折れたりくぼんだりしてしわになっているところです。不思議なことに同じようにデリケートな部位でも、わきの下や陰部にはあまり症状が出ません。この部分は、常に湿っていて乾燥しにくいためだと考えられます。

■アトピー性皮膚炎は、かく前にかゆみの原因を考えてみましょう

かゆみをがまんすることはたいへんですが、どのようなときにかゆみが強くなるか、原因に心当たりがあれば、かくのをやめて様子をみましょう。かゆみが増すのは、おもに次のようなときです。

・皮膚の炎症が強くなっているとき
・細菌などに感染したとき
・お風呂に入ったとき(服を脱ぐときの刺激・お湯の温度)
・暑いとき
・運動して汗をかいたとき
・日焼けをしたとき
・寝る前、ふとんに入ったとき
・刺激物やアルコール、コーヒーなどをとったとき
・ストレスを感じたとき

アトピー性皮膚炎の対策なら、アトピー体質の治し方がおすすめです。

アトピー性皮膚炎で、かゆみが止まらないときは、対策を参考にして、かかないようにすることが大切です。

■その他スキンケアの知識

日常において夜のスキンケアの完了直前では、保湿機能を持っているとうたっている理想的な美容液で肌にある水を逃がしません。でも肌に満足できないときは、カサつく場所に乳液だったりクリームを利用することが大切です。

皮膚に栄養分が多いので、素肌の状態でも非常に可愛い20代だと言い切れるでしょうが、このぐらいの年代に誤った手入れをやったり、良くないケアを継続したり、ちゃんとやらないと後に問題になるでしょう。

シミは結構目にするメラニンと言われる色素が体中に入ってくることで作られる斑点のことを言います。頑固なシミの要因や濃さの程度によって、かなりのシミのタイプが存在しています。

流行りのハイドロキノンは、シミ治療のために医療機関のみで目にすることが多い薬です。パワーは、手に入りやすい薬の美白を謳っている成分の数十倍はあると伝えられています。

皮膚にある油分がたくさん出ると無駄な皮脂が毛穴を閉ざすことで、強烈に酸化し毛根から肌が汚染され、肌の脂(皮脂)が詰まってくるという許せない状態が発生してしまいます。

顔の肌荒れを快復するためには、遅く就寝する習慣を改善して、体の中から新陳代謝を行うことに加えて、年齢と共に反比例して少なくなるいわゆるセラミドを取り肌がカサカサにならないようにして、肌機能を増すことだと断言します。

一般的な肌荒れで対策をこまねいている困った人は、過半数以上お通じが悪いのではないかと推定されます。かなりの確率で肌荒れの本当の最大のポイントは便秘に手をこまねいているという点に由来する可能性があります。

それぞれの人に影響をうけますが、美肌に陰りをもたらすのは、大きく分けると「日焼け」と「シミ跡」が考えられます。より良い美白にするにはシミやくすみを増やす元を改善することであると言えそうです

お風呂の時何度も繰り返しすすいでしまうのは肌に悪くありませんが、肌に水を留めておく力をも除去するのは避けるため、お風呂のときにボディソープで肌を確実にボディ洗浄するのは少なく控えるのがベストです。

悪化したニキビを作らないために、徹底的にニキビ周辺を汚さないように、界面活性剤の力により汚れを簡単に落とす比較的安価なボディソープを使用すべきと感じるかもしれませんが、ニキビに振れ過ぎると完治しづらくさせる勘違い治療法のため、やめるべきです。

バスに座っている最中など、何となくの瞬間でも、目に力を入れてしまっていないか、人目につくしわが生まれていないか、しわをできるだけ留意して生活すると良い結果に結びつきます。

化粧品企業の美白用品定義は、「皮膚にできるシミになる成分を減退する」「そばかすが生ずる消去する」といった2つのパワーを保有しているものと言われています。

多数の人が手こずる乾燥肌(ドライスキン)とされるものは、油分分泌量の減少状態や、角質の細胞皮質の量の逓減によって、肌にある角質の潤いと梁の状態が低下しつつあることを指します。

メイクを取るために低価格なクレンジングオイルを愛用していませんか?肌には補充すべき良い油も取り除いてしまうことで今までより毛穴は拡大してしまうので嫌ですよね !

石油が主成分の界面活性剤では、どれだけ含まれているかは認識しにくいという特徴があります。泡が簡単に立つシャワー用ボディソープは、石油系の油分を落とすための薬剤が多く配合してある危険性があるといっても過言ではないので注意すべきです。

アトピーの発症年齢とアレルギー疾患との合併症

■アトピーは1~5歳以下で発症する人がほとんどです

アトピー性皮膚炎は、発症してから治るまでの過程に個人差がありますが、大きく4つのパターンに分かれます。

まず発症の時期ですが、乳幼児期が多くなっています。最近の調査では、1歳以下で発症するケースが全体の50~60%、5歳以下では80%となっています。

1歳以下といっても生まれてすぐに発症することはほとんどなく、生後2~3ヵ月ほどで症状が出始めます。

次に、治るまでの過程ですが、ほとんどのケースでよくなったり、再発したりを繰り返しながら、成長に伴って自然に治っていきます。急激によくなるケースもあれば、ゆっくりと治っていくケースもあります。

また、最近では、大人になってもずっとアトピー性皮膚炎を患っている、いわゆる重症化するタイプや、大人になって突然、再発するようなタイプなども増えています。しかし、全体から見るとそれほど多いというわけではありません。

■アレルギー疾患を合併しやすいことに注意しましょう

アトピー性皮膚炎は、そのほかのアレルギー疾患を合併しやすいことがわかっています。調査で合併しているアレルギー疾患の割合を調べたところ、もっとも多かったのは気管支ぜんそくで40.0%。次いでアレルギー性鼻炎が36.8%と高い割合を占めました。

また、乳幼児では、食物アレルギーを合併しているケースがたいへん多く見受けられます。そのため、親は「うちの子のアトピー性皮膚炎は、食べ物がアレルゲンとなっている」と誤解し、食べ物を制限することで、アトピー性皮膚炎を治そうとしがちです。

しかし、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は違う病気です。

食べ物の制限はアトピー性皮膚炎の症状の改善には、あまり効果はありません。

アトピー素因はなりやすさを示すものではありますが、受け継いでいても、環境やそのときの皮膚の状態など、さまざまな要因がかかわって発症するのです。

また、子どものアトピー性皮膚炎を予防するために、卵や乳製品を避ける妊婦さんもいます。しかし、こうした食事制限が予防に役立つという証拠がないため、現在では妊婦の食事制限は行わないことになっています。高橋健介の【自宅で出来るアトピー改善法】が参考になりました。

■アトピーの症状はかゆみを伴う皮疹です

アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみを伴った皮疹が特徴です。皮疹は、体の左右のほぼ同じところにできます。また皮疹にもいろいろな種類があり、症状が悪化する急性期と、落ち着いている慢性期では違ってきます。

【急性期の皮疹の特徴】
・紅斑(赤い皮疹)
・湿潤性紅斑(赤くジクジクした皮疹)
・丘疹(ブツブツした皮疹)
・漿液性皮疹(水ぶくれを伴うブツブツとした皮疹)
・鱗屑(角質がカサカサしてむけてくる状態)
・痴皮(かさぶた)など

【慢性期の皮疹の特徴」
・湿潤性紅斑
・苔癖化(象の皮膚のようにゴワゴワしてくること)
・鱗屑
・瘤皮
・色素沈着
・色素脱出(皮膚の色が一部抜け落ちたように白くなること)など

めまいや難聴・耳鳴りが起こったときはほかの症状もチェック

めまいや難聴・耳鳴りの検査や診断、治療を進めていくうえで、患者さんからの情報は貴重な判断材料になります。

めまいの場合は、次のようなことがわかると診断の役に立ちます。なかなか言葉で表現しにくいでしょうが、項目ごとに書きとめておくと、医師の質問にもあわてずに答えられるでしょう。

■いつ、どんな状況でめまいが起こり、どのくらい続いたか
■めまいといっしょにどんな症状が起こったか
■症状はくり返して起きているか

【難聴は、どの程度聞こえにくいかも伝える】

難聴の症状も表現しにくいかもしれません。次のような項目について、まとめてみてください。

■いつ、どちらの耳が聞こえにくくなったか、思い当たるきっかけは?・
■まったく聞こえないか、少しは聞こえるか
■耳がつまった感じがするか
■めまいや耳鳴りがあるか
■時間帯あるいは日によって聞こえ方に違いがあるか

【耳鳴りは、生活にどのくらい影響しているかも伝える」

耳鳴りの症状では、次のような項目をチェックしてください。

■耳鳴りは、どちらの耳で、どのくらい大きく聞こえるか(例=響いて気になる)
■どんな音と似ているか(例=地下鉄、滝の音、ジー、キーンなどの擬音でもよい)
■いつごろから続いていて、どんなときにひどくなるか
■生活にどのくらい影響しているか(例=眠れない、仕事に差し支える)

めまい・難聴・耳鳴り、いずれの場合も、以上のほかに、これまでかかったことのある病気、ふだん使っている薬なども重要な情報となります。血縁の家族の方の病気などもわかっていると、診断の判断材料としていっそう役立ちます。

佐藤信雄の【耳鳴り難聴めまい改善術】

そして、検査を受けやすいような身なりで診察を・・

耳鼻咽喉科の検査では、ヘッドホンをつけたり、検査台に上がって歩いたりする場合がありますから、診察を受けるときは服装などにも気をつけましょう。

■耳の検査をするので、髪の毛はまとめ、イヤリングやピアスははずす
■目の動きを観察することがあるので、アイメイクはしない
■化粧はしないのが一番だが、少なくとも薄化粧にする
■歩行の検査などに備え、歩きやすい服装にする
■靴はブーツなどではなく、はきかえやすいものにする
■全身の検査をすることもあるので、衣服も着脱しやすいものにする
■検査室を移動することもあるので、荷物はひとまとめにする

「むち打ち」で首の痛みを苦痛と感じる人・感じない人

「気をつけて!ぶつかる!」
ガシャーン!!
「大丈夫?」
「ああ……大丈夫そうだ。そっちは?」
「まだドキドキしてるわ。でもシートベルトをしていてよかった」

車に同乗していた2人は一瞬目がくらみ、大きく揺さぶられて「むち打ち」になりました。当初は2人ともさはどの痛みも感じず、命があってよかったと喜びます。

けれど時間がたつに連れて、特に首に痛みを感じるようになります。

徳永英光の頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック改善プログラム

運転していたJ.Bさんはつい最近解雇されたばかりで、妻との関係もうまくいっていません。この数ヵ月間というもの、神経が張り詰めストレスを感じていました。事故当日も時間がたつにつれ、またその後数日が過ぎるうちに、J.Bさんは首の痛みと筋痙挙が強くなってきます。痛みや将来への不安で目が覚めてしまい、睡眠も途切れがちです。

同乗のP.Gさんは最初、接近してくる対向車の姿を目にして、衝突は避けられないと恐怖に陥りました。そして一瞬目がくらみ、大きく揺さぶられましたが、やがてひどいけがもなく命も助かってよかったと胸をなでおろします。

彼女は仕事も私生活も楽しんでいました。夫婦関係も経済状態も安定していました。事故当日、P.Gさんも時間がたつにつれて首や背中、頭に不快な症状が出てきます。

そこで鎮痛剤を飲み、冷湿布をしました。1日休息をとった後、首にはまだ痛みがあったものの、デスクワークや軽い家事はできるようになります。首の症状は我慢できる程度のもので、医師にも、重大な損傷は何もないから安心するようにと言われました。

その後も数週間にわたって首の不快感は続きましたが、日常生活を続けるには何も支障はありませんでした。

J.Bさんも医師の診察を受けました。彼の方も首のけがは大したことはないと言われたにもかかわらず、鎮痛剤の量は増える一方です。 J.Bさんは眠れませんでした。仕事を探すこともできません。痛みは耐え難いものでした。理学療法や鍼、カイロプラクティックなどを受けましたが、いずれもせいぜい2、3時間ほど苦痛が和らぐだけです。

専門医にもかかって、X線撮影や血液検査、MRI、電気診断なども受けました。けれど何もわかりません。すっかり気が滅入ってしまった彼は、数週間がたち数カ月がたつうちに「慢性疼痛患者」となっていたのです。

J.Bさんは心理カウンセリングを受けるように勧められていたのですが、首の痛みは精神的なものではなく、本当に痛いのだと言って聞き入れませんでした。

それはその通り、本当に痛いのです。けれど心理的なストレスが、首の痛みに影響していたということもまた事実でした。

結局J.Bさんは、カウンセリングを受けることに同意します。カウンセリングと、並行して行われた抗うつ剤による治療、さらにはその後の職業訓練のおかげで、J.Bさんは痛みと自分白身とに折り合いをつけるようになりました。

そしてついに仕事を見つけることができたのです。首の痛みはすっかり軽くなりました。もはや、首の痛みからも「頭の痛い」問題からも脱したのです。

アトピー 食事を改善することによってアトピー 体質も変わることを知って

アトピー 食事を改善することによって、アトピー 体質も変わることを知っておきましょう。

アレルギー体質が改善は改善できます。従来、食事療法を続けていくと耐性といって、体に合わない食品を多少食べても何ともなくなるようになります。

アトピー・アレルギーを体質改善で治す!

しかし、アトピー 食事も食べすぎると、アレルギーが再発します。ところが、インスタントだしを使わず、だしをまじめにとっているとアトピー 体質が改善してくるようです。

「インスタントだしアレルギー」を治すにはライフエネルギーテストでインスタントだしに反応する人には、食品表示だけでインスタントだしを見分けるのは難しいので、材料で自分で作ったほうが良いです。

(備考: 乾燥肌の対策と治し方

どもり 克服をするためや、あがり症 薬で解決しようとするのは止める

どもり 克服をするためや、あがり症 薬で解決しようとするのは止めましょう。

「どもりは一生治らない」という誤解やウソは、ある先生が自らの手で覆したとのことです。

■あがり症・赤面症・どもりを克服する対策

「丹田力呼吸矯正法」によって、どもり 克服をされたのは、その先生だけではないようで、これまで数えきれないほど大勢の方がどもりを克服され、新しい人生を歩んでいるそうなんです。

同じ原因に由来する赤面・あがり症や自律神経失調症も、あがり症 薬は使わず「丹田力矯正法」で見違えるように改善するんだそうです。

そしてその矯正率は、90%にものぼるそうです。100%完璧とは言えませんが、どんなどもりや赤面症も、必ず治っているんだそうです。

認知症の原因でアミロイド・カスケード仮説

老人斑の中身がアミロイドといわれる物質の蓄積であることが示され、アミロイド・カスケード仮説が提唱されています。

これはアミロイド前駆タンパク(APP)からアミロイドβタンパク(Aβ)の切り出しと,Aβの重合によるアミロイド線維の沈着して神経原性線維変化を引き起こすことによると説明するものです。

このような現象が起きる原因として、APP自体の変異などの遺伝的要因と環境因子などが提唱されていますが確定はしていないそうです。

いずれにしても、このような異常物質が脳細胞に蓄積し、それが原因で神経細胞が脱落していくのが認知症という病気です。

つまり、この疾患では徐々に脳の神経細胞が脱落していくため疾患としては進行するのですが、神経細胞の脱落に対し、神経のネットワークの再構築が行われるため、病気が始まっても実際には症状は出てきません。

認知症の原因とは

また、神経のネットワークの再構築の早さは脳をいかに使うかに依存します。つまり、知的刺激があるとこの神経ネットワークの再構築がより早く行われ、認知症の症状がでにくくなります。

このような状況では,発症時の脳の萎縮はより進行した状態となります。一方、知的刺激が少ないと神経ネットワークの再構築は進まず、より早い時期に発症することとなります。

この場合、MRIやCTによる画像診断での脳萎縮はむしろ軽度であるといえます。